赤坂建設トップページ
赤坂建設について 住まいづくり 住まいづくり 建築施工集 メディア掲載記事 十勝へ移り住む
土地情報 施工現場情報 お客様の声 見学会のご案内 会社通信 資料請求

赤坂建設105年の歩みをご紹介します

1907(明治40年)
当時の利別駅
当時の利別駅
赤坂木工場
赤坂木工場
中島病院(池田病院)
中島病院(池田病院)
道東第1号の2×4住宅建設
道東第1号の2×4住宅建設
タウンハウス
タウンハウス
ツーバイフォー工法の普及に 対する功績で表彰
ツーバイフォー工法の普及に
対する功績で表彰される
北方型住宅コンテスト奨励賞受賞
北方型住宅コンテスト奨励賞受賞
パネル工法開始
パネル工法開始
ホームページ開設
ホームページ開設
スカート工法住宅
スカート工法住宅
90周年記念ビデオ
90周年記念ビデオ
アディス増改築工房
アディス増改築工房
北方型住宅ECO
北方型ECO
100周年写真展
創業100周年記念写真展
初代・貞蔵、福島県より大工職人として胆振管内早来町に来道。
1912(大正元年)
創業。鉄道開通、皮革工場池田進出と共に池田町に移転。建設業の看板を上げる。
1917(大正6年)
赤坂 弘が二代目頭首となる。
1933(昭和8年)
建設業に製材部を加え「赤坂木工場」開業。
1935(昭和10年)
大規模木造3階建、中島病院(池田病院)の建設。
1972(昭和47年)
赤坂芳雄が三代目代表となる。
1976(昭和51年)
道東で第1号のツーバイフォー工法住宅を建設。 十勝におけるツーバイフォーの歩みが始まる 。
1982(昭和57年)
社名を「株式会社赤坂建設」とし法人化。
1983(昭和58年)
(財)住宅・建築省エネルギー機構主催「全国省エネルギー住宅コンクール」において、
(社)日本ツーバイフォー建築協会会長賞を受賞。
1984(昭和59年)
ツーバイフォー工法によるタウンハウスを建設。
1985(昭和60年)
四代目社長に赤坂直子が就任。
1986(昭和61年)
日本建築学会主催による「第一回環境設計競技」において全国入選。
1988(昭和63年)
カナダの超高性能「R-2000」実験住宅の建設。 協力:カナダ大使館、カナダブリティッシュコロンビア州林産業審議会、(社)日本ツーバイフォー建築協会北海道支部
1989(平成元年)
建主様方による「赤坂建設友の会」の設立。
1990(平成2年)
単身者向きアパートメント「シルペーク」建設。
1991(平成3年)
創業80周年記念誌発刊。ツーバイフォー木造三階建て住宅の建設。
北海道主催による「北方型住宅モデル50選設計コンテスト」において、奨励賞受賞。
(HASHIMOTO BOLES事務所との日加共同作品)
1992(平成4年)
キムラ社主催による施工例コンペティションにおいて、 カレドコ賞を受賞。
「TJI」「マイクロラム」などの米国製ハイテク木材の使用開始 。
1993(平成5年)
マックス社製フレーミングマシンの導入により、パネル工法開始。
1994(平成6年)
十勝2×4協会15周年において、故赤坂芳雄が功労者として表彰される 。
1995(平成7年)
コンピュータネットワーク導入。
1996(平成8年)
労働大臣認定枠組壁建築技能士3名誕生。クボタ主催施工例写真コンテスト入賞。
1998(平成10年)
スカート基礎断熱工法導入。宅地建物取引業開業。
1999(平成11年)
五代目社長に梅田和敬が就任。 ユニバーサルデザイン住宅建設。次世代省エネルギー基準スタート。 インターネットホームページ開設
2000(平成12年)
トリプルLOW-E木製サッシを採用した、スキップフロア型スカート工法モデル住宅の建設。
北海道住宅保障・登録制度に加入。サヤ管ヘッダー方式本格導入。
2001(平成13年)
利別地区にモデル住宅建設。電気ボイラーを暖房方式に採用。
2002(平成14年)
90周年記念ビデオ「ツーバイフォーに賭けた男」の製作。
リフォーム部門 "アディス増改築工房"新設。
ホームページリニューアルオープン。
2003(平成15年)
クボタ主催施工例写真コンテスト入賞。アディス増改築工房と帯広事務所を開設。
2004(平成16年)
日本ツーバイフォー建築協会より、棟梁中嶋政義に「優秀フレーマー賞」。
2005(平成17年)
帯広事務所の建築物と外構計画に「第1回帯広市まちづくりデザイン賞」。
2006(平成18年)
棟梁中嶋政義に「国土交通大臣顕彰」と「建設マスター」の称号。
2007(平成19年)
ホームページリニューアル。
2010(平成22年)
国の長期優良住宅先導事業による「北方型住宅ECO」を公開
十勝産カラマツ材による2×4住宅の建設
2011(平成23年)
創立99周年記念感謝祭開催。
2012(平成24年)
藤丸にて創業100周年記念写真展開催。
2014(平成26年)
枠組技能士に大西、渡辺両大工が合格
2017(平成29年)
創業105周年イベント開催

パネル工法
建物の壁面ををいくつかのパーツにわけてパネルマシンで製作。精度が高く、現場での工期も短縮できます。
詳しくは【ツーバイフォーパネル工法】をご覧ください。

スカート断熱工法
床下全面に土間コンクリートを打設する基礎断熱工法は、床下の温熱環境が安定して住宅の耐久性が向上します。
また基礎コンクリートの周囲にスカート状に断熱材を埋め込み、地盤中に水平断熱を施すことで地盤そのものの持つ熱容量を活用するため、凍結深度軽減もはかれ快適な居住性能が得られます。

ユニバーサルデザイン住宅
赤ちゃんから高齢者、障害者まで全ての人が使いやすいデザインをユニバーサルデザインといいます。
住まいにおいても、来るべき高齢化社会に備えて車椅子でのスムーズな移動や在宅介護に合わせて段差の解消・開口部の幅を広げるなどのさまざまな仕様設計、設備で安心して暮らせる住まいが実現します。

スキップフロア住宅
スキップフロアー住宅とは、傾斜地や北側敷地でも眺望や採光が十分に得られるよう、空間を立体的に積み重ねた多層構造の住まいです。無駄なスペースを減らし、視線が上階へと伸びるため視覚的な広がりを感じさせる効果もあります。個性的な生活スタイルをつくることが可能です。

サヤ管ヘッダー工法
環境に優しい架橋ポリエチレンパイプとサヤ管を使用し、ヘッダー方式と呼ばれる配管システムで赤サビが発生せず、メンテナンスが容易な配管方式。詳しくはこちらで

ページトップへ
赤坂建設TOP | 赤坂建設について | 住まいづくり | 建築施工集 | メディア掲載記事 | 十勝へ移り住む | 土地情報 | お客様の声
見学会のご案内 | 会社通信 | 資料請求 | お問い合せ | リンク集 | 赤坂建設の歴史 | 赤坂建設帯広事務所
リンク集 赤坂建設の歴史 アディス増改築工房
赤坂建設帯広事務所
株式会社 赤坂建設・本社/北海道中川郡池田町旭町2-5-4
015-572-2290
Copyright 2007 Akasaka Kensetsu. Allright Reserved.